いくつになってもアルバイトは面白い

歳をとってから転職する機会があったのですが、合間にアルバイトをしてみました。もちろんお金のことが理由ですが、若い頃を思い出してけっこう楽しんで働けたかもしれません。もしかしたら若い頃よりいろいろ物事の価値観が身に付いた分、冷静にその場の雰囲気を味わえたのかもしれません。

 

ジャンルは飲食店のアルバイトでした。若い頃は賄いが食べたいからとか、時給がいいからとかの理由で選びましたが、今回はいつかカフェでもやれたらなという願望も含めて美味しいと思える店に挑戦してみました。つまり少しでも料理の勉強になりそうな店がいいと思ったからです。

 

美味しい店、すなわちその辺の素人が手を出せるようなレベルではなく、仕事中も真剣な眼差しでスタッフ全員緊張感を持って働いています。そんな中で私ができることと言ったら、洗いものや盛り付けのアシスト、そして掃除などが精一杯です。

 

聞き慣れないフランス語のメニューが飛び交う中で、ただ言われるままに動いただけの数ヶ月でしたが、終わってみると何か料理教室にでも通ったかのような充実感です。時給は平凡だったものの料理の世界の面白さは十分堪能できました。